本文へスキップ

毛穴 原因

トップページ > 毛穴がつまる原因

毛穴がつまるのはなぜ?原因は何か?

毛穴がつまる原因になっているのが皮脂腺から分泌される「皮脂」です。

皮脂はお肌のバリアですからお肌にとってなくてはならないものですが、色々な要因が重なるとお肌にとってマイナスな要素に変貌します。

その結果、生まれるものが毛穴のつまり、要するに角栓です。

では、角栓はどうしてできてしまうのでしょうか?

お肌の表皮は角質と言う鱗状の細胞で覆われています。

この角質は、健やかなお肌であれば下から生まれる新しいお肌の細胞に押し出されて、古くなった角質ははがれ落ちて行くシステムになっています。

これをお肌のターンオーバーといいます。

皮膚をこすると垢が出ますよね?

それがいらなくなった角質たちです。

健康なお肌であれば、このようにいらなくなった角質は自然と垢となって落ちて行きます。ところが、お肌のターンオーバーがうまくいかないと、古い角質が積み重なって行ってしまいます。

そうすると、古い角質が毛穴を塞いでしまいます。

皮脂の出口である毛穴が塞がれてしまうとどうなるかというと、皮脂が溜まりに溜まって、角栓ができます。

要するに、毛穴がつまった状態になってしまうということです。

このようにして、毛穴のつまりが形成されていきます。毛穴のつまりの原因は、皮膚のターンオーバーに深く関わっているということですね。

皮膚のターンオーバーの乱れは、いろいろな原因で起こってきます。

例えば、睡眠不足やストレス、栄養不足、クレンジング不足など、様々な要因が考えられます。

毛穴のつまりを解消・防ぐには、日頃からの正しい生活習慣や、お肌のお手入れが大事な要素となるでしょう。

毛穴がつまるのはなぜ?原因は何か?

皮膚のターンオーバーが乱れて、毛穴がつまってしまうとその後お肌はどうなってしまうのでしょうか?

毛穴がつまると、皮脂が毛穴に溜まって「角栓」ができます。

つまり、毛穴がつまると、毛穴が栓でフタをされてしまい、いよいよ毛穴の出口がなくなってしまうというわけです。

では、毛穴の出口が塞がれるとどうなるのでしょうか?

毛穴の出口が塞がれてしまっても、毛穴の付属機関の皮脂腺からは皮脂が出続けます。そうするとどうなるかというと、角栓の状態から今度は皮膚面に対し凸状の「にきび」が形成されてしまいます。

今さらりと言いましたが、重要なことなのでもう一度言います。毛穴がつまると「にきび」の原因になってしまうのです。そうです。ニキビです。

毛穴のつまりの状態だと、まだ目立ちませんが、それがニキビになると見た目にも分かるくらいになってきます。

そこから更につまった毛穴の中でばい菌が暴れ出すと炎症が起こり、いわゆる赤にきびという状態になります。

炎症が伴うにきびですので、赤く腫れて痛みを伴うこともあります。

赤にきびになると、皮膚で炎症が起こるので、にきびが治ったあとも色素沈着が残る可能性があります。

いわゆる、にきび跡というものです。

炎症が起こると、メラニンの生成が促されてしまうことにより、にきび跡ができてしまうのです。跡になってしまうと、完治するまでにかなりの時間を要したり、そもそも完治が難しいケースも生じてきます。

お顔ですし、にきび跡は残したくありませんよね。

そう考えると、やはり毛穴のつまりを作らないようにすることが、一番の方法です。

では、にきびになる前に日頃からしておきたい毛穴のケアってどんなものがあるのでしょうか?



植物画像です。
FXバーチャル取引